東日本梱包工業組合は、1971年(昭和46年)、当時輸出立国として梱包業界の発展を願い、初代理事長 長島国治氏のもと創立総会が開催され、2011年(平成23年)には創立40周年を迎えました。その間、中国、韓国へ梱包技術教育を進め、日中韓3ヶ国での梱包規格統一にいたります。
また、梱包管理士講座からは、多くの梱包管理士を輩出し、業界の技術継承に重要な役割を果たしてまいりました。歴代の理事長はじめ役員の積み重ねた40年の歴史は、梱包業界の発展と向上への挑戦のあゆみと言えます。
このあゆみが、今後50年、60年と続いていき、梱包業界のさらなる発展を目指してまいりたいと祈念しています。

1971年(S46)

8月 東京都港区において創立総会を開催し、理事17名、監事2名を選出。
初代理事長に長島国治氏が就任。
  11月 組合発足。
1972年(S47) 4月 赤坂プリンスホテルにおいて、全輪梱連創立総会を開催。
1973年(S48) 1月 標準価格設定委員会が発足。
  10月 くぎ打ちコンクールを開催。千代田梱包工業の川鍋氏が1位となり、その後、日本テレビの番組「ほんものは誰だ」(S48年12月放映)に出演。
1974年(S49) 3月 通産省通商政策局経済協力課の補助金交付を受け、発展途上国産品の買い付けに関する調査団を
マレーシア、シンガポール、インドネシアに派遣し、調査を実施。
1975年(S50) 1月 第1回「梱包管理士技術認定講座」を開催。
  6月 英国、ドイツ、フランス、その他の地域へ、欧州梱包業界視察団を派遣し、欧州における梱包業界の視察、および産業分類区分調査を実施。
  9月 日本梱包管理士会が発足、創立総会を開催。
1976年(S51) 10月 カナダ・北米へ視察団を派遣し、木材、合板、梱包工場を視察。
1978年(S53) 7月 中国出口商品包装総公司の招待を受け、第一次梱包技術交流に参加。
北京において技術交流を行い、天津、上海では梱包工場と港湾を視察。
1981年(S56) 10月 創立10周年記念式典を開催。創立10周年記念誌を発行。
1984年(S59) 7月 木箱に関する新JIS(日本工業規格)説明会を開催。
1989年(H1) 3月 北京において、促進会および機械電子工業部標準化研究所と輸送包装に関する技術合作調印を行い、北京華日機電産品包装技術開発公司の設立に協力。また、天津の中国包装科研測試センターを訪問、パソコンと中国の規格に対応する設計ソフトを提供。
1991年(H3) 10月 創立20周年記念式典を開催。創立20周年記念誌を発行。
2001年(H13) 7月 梱包管理士会海外研修として、台湾へ視察研修を実施。
  10月 創立30周年記念式典を開催。創立30周年記念誌を発行。
2004年(H16) 8月 組合の名称を「東日本梱包工業組合」に変更。
2007年(H19) 5月 ソウルにおいて第1回日韓中工業包装技術交流会を開催。
2008年(H20) 10月
東京において第2回日韓中工業包装技術交流会が開催され、工業包装における「東京宣言」が採用され、梱包に関する「アジア規格」を発表。
2009年(H21) 11月 11月8日を「梱包の日」に制定し、ポスターを配布。
2010年(H22) 11月 ソウルにおいて日韓中工業包装技術交流会を開催。
2011年(H23) 10月 創立40周年記念式典を開催(目黒雅叙園)。創立40周年記念誌を発行。
2012年(H24) 11月 「梱包の日」記念講演を開催(目黒雅叙園 飛鳥の間)。
2013年(H25) 1月 梱包実務必携手帳第23版発刊。
2014年(H26) 2月 韓国ソウルにおいて、日中韓PGTP制度セミナーを開催。
2014年(H26) 11月 「梱包の日」を祝う会を神戸ホテルオークラにて開催。
2015年(H27) 8月 梱包管理士会創立40周年記念式典開催(ホテル横浜ガーデン)。